成績評価とは違う?教育評価の概要とは

教育評価は生徒にも教師にもより良い効果が!その意味について知る

教育評価を行うと、どんな人にどんなメリットがあるの?

教育評価の結果は教師だけのものではない

教育評価を行うのは教師です。教師は教育評価を実施したあとに、その結果をもって生徒が学力を手に入れているか、どのような能力を身につけているかを知ることができ、次に行う教育活動の計画立案ができます。
この教育評価の結果を保護者や生徒に伝えると、保護者も生徒も教育計画に一緒に参加することができるようになります。
この作業、あれです!学期末にもらう通知表の内容。通知表は教師が作成する生徒個人個人の教育評価の結果を伝えているというわけなんですね。教育の場での評価をその場にいない保護者に伝えることで、よりよく教育していくためのデータや情報の共有をしていくことができます。教師が一方的に生徒を評価するためのものではないということがわかりますね。

教育評価は教師にとってとても重要

教育評価を行った結果、それらを用いて教育活動に反映させます。これによりさらに充実した教育活動を行うための手掛かりを取得することができます。教師は授業を行いますが、その内容を通して生徒がどれくらい理解できているか、能力がついているかを知ることが重要です。これは教師に限ったことではありません。生徒もどんな力がついているか知ることは必要です。どこが理解できていて、どこが理解できていないのかわからなければ、次に何をしたらよいのかわからなくなってしまいます。
どこで分からなくなっているのか、躓いているのかを教師が知ることができたら、そこに合わせて授業内容を改善させたりすることができます。
生徒にとっても教育評価があることで、よりよい授業を受けることができるんです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る